腸活が蘇らせる40代、50代女性の代謝機能

腸活とは

そもそも、「腸活」という言葉自体まだあまり馴染みのない方も少なくないと思いますが、腸活とは端的に言ってしまうと十二指腸から直腸まで、特に吸収と排出を司る大腸の活性のことです。つまり、どれだけ大腸にパワーがあるかと言うことですね。

腸活

消化器系においては、食べ物を砕く歯、それを溶かす胃、そしてそれを吸収する腸に役割が分かれています。吸収されたものは栄養として体に蓄積され、吸収されなかったものは便として排出されます。腸活は体に取り込むものと体外に排出するものをコントロールする機能であり、この腸活が衰えると、燃焼性の悪い状態で取り込んでしまうことでお腹周りが太ってしまったり、排出する機能が正常に働かないことで便秘が発生し、体にさまざまな悪影響を及ぼします。そもそもお腹の中にぎっしりと詰まった大腸自体が筋肉でできているため、腸活が衰えると一般の肥満と同じく贅肉がついて太ってしまいます。ホルモン焼きをご存知の方ならお分かりになると思いいますが、シマ腸を焼くと、ものすごい勢いで脂が燃え上がりますよね。あれが贅肉です。腸活っが低下して脂で太った大腸は当然動きが鈍いので、質の悪い状態のまま体に取り込んでしまい、ぜん動運動の鈍さから便を押し出すことができず、便秘を引き起こします。このように腸活の衰えは万病のもとであり、特に40代、50代の女性では急速に腸活が衰えるため、太った大腸のせいでお腹はポッコリと出てしまい、便秘のせいで、肌荒れや体のたるみ、さらには朝もまともに起きられないような疲労感を生じてしまいます。ここでは、腸活が劇的に変化させる例と具体的に腸活を上げる方法をご紹介いたしいます。